News新着情報

Newsお知らせ・イベント情報

5月病について

2021.05.20

こんにちは、かがりのブログを担当しているこあらと申し上げます。
今日は「5月病」話をします。
この時期特有の「5月病」、言葉の由来、原因、対処法は?
楽しかったゴールデンウィークもすでに過去となり、日常に戻って勉強も仕事もやる気モード全開の方も多いと思います。でも中には「何だかやる気が出ない」という方もいるかもしれません。
さて、5月の時期に体調が悪かったり、やる気が起きないことを「五月病」と呼びます。環境の変化などに対応していた体【身体】と心に少し疲れが見え始めた時、さらに思い悩むこと等があった時に元気に乗り切れるコツとして、食事等処置について「いろいろ」ある処置方法があるみたいです。
話しは変わりますが、私が1歳半の頃に5月病の一部にある「熱中症」になりました。
小さい身体がびっくりして、母は大丈夫なのかを心配していました。
氷枕等で盥(たらい)に水をして、父のお姉さん=おばさんの家から体温計を取って、熱を測ったらしいです。
そんなことがあったために母が熱中症になることを心配して海に行くことが減ってしまいました。
プールに入る前に太陽がまぶしい時は休憩をしながら、泳いでいました。
みなさんは、熱中症になった事がある人も多い「夏」が始まりますが、日陰で隠れんぼするのも大事だから、身体にも気を付けていきたいものですが、あともう少しで、夏休みが始まりますね。西瓜(スイカ)が、美味しい季節になりますね。
自分は、夏の思い出として、花火を楽しんだ記憶が時々現れては、消えるので、親戚に聞いてみたら、母方の祖父母があやすと、眠り姫に変化していたらしいです。( ´艸`)

Contactお問い合わせはこちら