News新着情報

Newsお知らせ・イベント情報

sdg,sについて

2021.03.19

hello(こんにちは)かがりのこあらです。
sdgsについて調べました。
sdg・sとは、「Sestainable development goals(持続可能な開発目標)」の略称です。そもそもどう発音するかというと、SÐGs(エス・ディ・ジーズ)です。
時々エス・ディ・ジーエスと読まれる方がいらっしゃいますが、sÐG.sとなっています。
SDGsは2015年9月国連サミットで採用されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年で達成するために挙げた目標です。

17の目標では、大きな問題の中では。
①貧困をなくそう
あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ,
②飢餓(きが)を0に
飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を改善する。
③すべての人に健康と福祉を
すべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する。
④質の高い教育をみんなに
すべての人を包摂的(※)かつ公平に質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を保進する!!
⑤ジェンダー平等を現実しよう
ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメント=個人や集団が自らの生活へ
⑥安全な水とトイレを世界に
全ての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する。

私は、「SDG・s」の事で知ったのは、環境問題~福祉関係~農業関係~貧困問題「(飢餓)&餓死等で貧しい方が、食事が食べれない環境があるので、びっくりです。
学生時代にアフリカを助ける、ユニセフ協会が募金を募っているのに、募金をしたことがあります。
飢餓【餓死】が進んでいる国を見ていると、たくさんの食料があったら、助かる人が多いと思います。
世界で、食料問題が、進んでいるのが、悲しいです。
自分が住んでいる日本は、食品をたくさん作りだすので、余って、動物の餌(フードロス)になっているのが問題です。
ところで話が変わりますが、男性からしたら女性特有の悩み等があり、わからないことも多いと思いますが、SNS上で生理用品が買えない事が問題になっていました。
福祉医療では、身体を壊す方が多くて、仕事が続かないかたもいるそうです。将来は、お年寄りが多いと聞きましたが、心配です。
今の教育では、勉強が進んでいることが嬉しいですね。100年前のおばあちゃん&おじいちゃんの時代は、兄弟が多かったらしく子守をさせられたときが多い時があったそうです。
今の時代は、たくさんの学びが有りますが、環境が良いですね。
まだ、トイレ事情で、日本でも、一部は汲み取り式トイレが残っているらしいです。
綺麗なトイレが、たくさんできたら、いいですね。
まだ、水が濁ったのを飲んで、病気になり、亡くなるケースがあるので、新鮮でおいしい水を飲んでもらいたいです。
明るい未来がきたら、いいですね。
楽しみが、増えますように。

Contactお問い合わせはこちら